WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

ラッキーライラック疲労なし エリザベス女王杯Vから一夜明け

 馬房で元気な姿を見せるラッキーライラックと担当の丸内助手

 鮮やかなイン突きでエリザベス女王杯を制し、約2年ぶりにG1タイトルを獲得したラッキーライラック(牝4歳、栗東・松永幹)は一夜明けた11日、栗東トレセンの馬房で静養に努めた。

 前日は午後7時30分頃に帰厩。担当の丸内助手は「やってきたことがレースでもできて、本当に良かった。レース後は早く帰りたい、という感じでしたが、疲労とかはありませんでした。完成したんだなと思います」と目を細めながら馬体をチェックし、「歩様は大丈夫でしたし、カイバもしっかり食べてくれています」と安心した笑みを浮かべた。次走は未定で、今週中にも放牧に出る予定。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP