WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

ムイトオブリガード ジャパンC挑戦へ

 「有力馬次走報」(7日)

 ◆アルゼンチン共和国杯で念願の重賞初Vを飾ったムイトオブリガード(牡5歳、栗東・角田)は、ジャパンC(24日・東京、芝2400メートル)に挑戦。鞍上はルメールになる予定。11着アイスバブル(牡4歳、池江)はチャレンジC(30日・阪神、芝2000メートル)と、中日新聞杯(12月7日・中京、芝2000メートル)の両にらみ。

 ◆みちのくSを制したダイシンバルカン(牡7歳、栗東・吉田)は、引き続き勝浦とのコンビで京阪杯(24日・京都、芝1200メートル)へ駒を進める。

 ◆菊花賞12着のメイショウテンゲン(牡3歳、栗東・池添兼)は、ステイヤーズS(30日・中山、芝3600メートル)へ向かう。僚馬で、秋華賞を取り消したメイショウショウブ(牝3歳)は、ターコイズS(12月14日・中山、芝1600メートル)へ。

 ◆昨年の小倉記念V以来、休養中のトリオンフ(セン5歳、栗東・須貝)はチャレンジCでの復帰を視野に入れる。僚馬で今週の武蔵野Sに登録していたスワーヴアラミス(牡4歳)は、福島民友C(17日・福島、ダート1700メートル)へ。

 ◆清水Sを勝ったカリビアンゴールド(牝5歳、栗東・鮫島)はリゲルS(12月7日・阪神、芝1600メートル)かターコイズSを視野に調整される。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP