WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

ワールドプレミア大渋滞も無事に帰厩…菊花賞制覇一夜明け 次戦は有馬記念を視野

 菊花賞制覇から一夜が明け、厩舎でくつろぐワールドプレミアと大西助手

 菊花賞でG1初制覇を飾ったワールドプレミア(牡3歳、栗東・友道)は、20日午後8時に栗東へ帰厩。途中で大渋滞に巻き込まれるアクシデントはあったが「普段と変わりないですよ」と担当の大西助手は、無事を確認して安どの表情。「豊さんで良かったと、本当に思いました」。見事なコース取りで戴冠に導いた武豊に、最大の賛辞を贈った。

 今後については、友道師が「滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧に出します。馬の様子を見ながらですが、有馬記念(12月22日・中山)を目指します」と話した。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP