WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【天皇賞】サートゥルナーリア戦闘モード 挑戦者として女王に挑む

 古馬撃破で現役最強の座を狙うサートゥルナーリア

 「天皇賞(秋)・G1」(27日、東京)

 神戸新聞杯を圧勝したサートゥルナーリアは、距離適性を重視してクラシック最後の1冠・菊花賞ではなく、天皇賞・秋で古馬と対戦することを選んだ。アーモンドアイとの一騎打ちムードが漂うが、滝川助手は「僕らは挑戦者。成績が違い過ぎますから」と最強女王に敬意を払う。

 中間は一度、放牧へ。「馬を緩めたので、ほっこりしていたが、また戦闘モードに入ってきている。20日もハミを取って走っていたからね。体重は前走と変わりないと思いますよ」と笑顔で話した。

 今回の課題は東京競馬場。ダービーではイレ込んでしまい、出遅れて唯一の敗戦(4着)を喫した。「中山ではそんなことないんですけどね。馬房でメンコをつけるなど、いろいろ工夫したい」と対策を講じて大一番へ。計り知れない能力を秘める3歳世代のエースが、女王狩りに挑戦する。

 1週前追い切りは、西村淳(レースはスミヨン)を背に栗東CWで6F83秒9−11秒8(馬なり)。力強いフットワークで、最後は自らハミを取り伸びた。休み明けをひと叩きされて、気配も上昇カーブを描いている。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP