WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【天皇賞】アーモンドアイ“1強”証明だ 1週前追い合格!ルメール自信あり

 始動戦を迎えるアーモンドアイ(撮影・園田高夫)

 「天皇賞(秋)・G1」(27日、東京)

 問答無用の末脚で危なげなく決めた牝馬三冠。世界的レコードで押し切ってみせたジャパンC。名馬は場所も気候も選ばないと、世界に知らしめたドバイターフ。G1・5連勝を含む7連勝。アーモンドアイは、自らの走りで、強さとは何かを示し続け、多くのファンを魅了してきた。

 しかし、春の安田記念で連勝が止まった。致命的な不利を受けたことは確か。ただ、それさえもはね返してほしかったと、多くのファンが思ったに違いない。歴史に残る優駿とは、かくあるべし。秋初戦、歴戦の好メンバーが相手、それでも連敗だけは許されない。

 国枝師もそんなことは百も承知。17日の1週前追いにはルメールが駆けつけ、在厩馬で最も格上のオープン馬2頭を併走馬にあてがい、美浦Wで3頭併せ。それでも、楽な手応えのまま悠々と最先着。「合格じゃないか。ドッシリして余裕がある。馬体もちょうどいい感じ」。いつも通り、ひょうひょうとした指揮官の様子が、順調さを物語っている。

 ルメールもこの馬の力を信じている。「4歳牝馬にとっては時に難しい時期だけど、アーモンドアイは慌てていない。自信はあるよ」。初対戦となる3歳馬サートゥルナーリアなど、G1馬が多数そろって見かけは群雄割拠。ただ、実際は“1強”だということを、結果で示してみせる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP