WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【地方競馬】南部杯で4着奮闘 モジアナフレイバーのさらなる飛躍に期待

 さらなる活躍が期待されるモジアナフレイバー

 「地方競馬記者コラム・仕事 賭け事 独り言」

 さらなる飛躍を予感させる走りだった。14日に盛岡で行われたマイルチャンピオンシップ南部杯で、大井所属のモジアナフレイバーがJRA勢相手に好勝負を演じた。優勝したサンライズノヴァ、2着アルクトス、3着ゴールドドリームに続く4着入線。単勝オッズ37・8倍の6番人気と下馬評は決して高くはなかったが、3着とはわずか首差。馬券圏内にあと一歩のところまで肉薄した。

 道中は先行勢を見ながら好位を追走。3コーナー過ぎから徐々にポジションを上げて4コーナーでは前団を射程圏に入れた。直線で鞍上の繁田がアクションを起こすと、力強いフットワークで奮闘。ゴール前でやや脚色が鈍ったものの、大舞台で好パフォーマンスを披露した。

 初コース、長距離輸送にも対応。福永敏師は「レース前は追走に苦労するかなと思っていたが、置かれることもなく、いい位置で競馬ができた」と振り返り「初物ずくめだった中で、JRA勢相手に見劣りすることなく走れていた」と手応えを感じ取っていた。

 以前から素質の片りんをのぞかせていた。昨年12月の勝島王冠でメンバー最速の上がり3F38秒1の差し脚を繰り出して重賞初制覇。3歳馬ながら、古馬の強豪を一蹴した。4歳初戦の大井記念は2着のセンチュリオンに0秒7差をつける完勝劇。昨年暮れの東京大賞典以来、5カ月ぶりの実戦だったが、ブランクを感じさせない走りでポテンシャルの高さを示していた。

 年内の最大目標は東京大賞典(12月29日・大井)に置いている。例年、ダートの猛者が集うレース。地元の大一番でも躍動感あふれる走りを期待したい。(地方競馬、競輪担当・堀江浩二)


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP