WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【菊花賞】レッドジェニアル充実 高橋忠師「やれることは全てやってきた」

 レッドジェニアルが得意の淀で躍動する

 「菊花賞・G1」(20日、京都)

 神戸新聞杯4着から菊獲りを狙うレッドジェニアルは18日朝、ゲート練習を行った。「前走は練習の効果もあってうまくゲートを出られた。精神的に落ち着いてきたと思う」と高橋忠師は気性面の充実ぶりを口にする。

 枠順は昨年の勝ち馬フィエールマンと同じ6枠12番。「騎手は内めの方がいいと言っていたが、幸い偶数なので奇数よりかはいいと思います」と師は前向きに捉えていた。事前発表馬体重は前走からプラス6キロの494キロだが、「太めという感じではないし、成長分だと思う」と気にする様子はない。

 未知の3000メートルをこなすには、折り合いが重要なポイントとなる。「あくまでも冷静さを保てるように。リズムを崩すことなく平常心で競馬ができれば、力は出せる」と話し「そのあたりは騎手にお任せ」と酒井に託すだけだ。

 「やれることは全てやってきたし、新馬から能力は感じていたので」と指揮官は自信をのぞかせる。京都新聞杯では、のちのダービー馬ロジャーバローズを撃破した実力馬。母父は01年菊花賞馬のマンハッタンカフェと血統背景からも距離延長は問題ない。〈2・0・2・0〉と得意の淀で“乱菊”を演出する。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP