WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【天皇賞】マカヒキ 久々感ない動き見せた

 栗東坂路で追い切るマカヒキ

 「天皇賞(秋)・G1」(27日、東京)

 宝塚記念11着以来となるマカヒキは16日、栗東坂路で単走。4F51秒4−37秒7−12秒7の時計をマークした。久々を感じさせない動きで調整を進めた。

 友道師は「年齢的にガツンとくることはなくなってきたが、動きに関しては問題はないですね」とうなずく。前走の敗因には「馬場もあったと思う。現状では、この距離(2000メートル)が一番いいですから」と話し、ダービーを勝った府中での巻き返しを期待した。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP