WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【富士S】アドマイヤマーズ迫力満点 文句なしラスト1F12秒5

 栗東坂路で追い切るアドマイヤマーズ

 「富士S・G3」(19日、東京)

 充電の効果は、ひと回り大きくなった馬体を見れば一目瞭然だ。NHKマイルCの覇者アドマイヤマーズは16日、栗東坂路で単走。繰り出されるフットワークは迫力満点。モニターに映し出された時計も4F52秒7−38秒5−12秒5なら文句なしだろう。注目の秋初戦に、出走態勢は万全と言っていい。

 友道師も「いい動きだったね。元気いっぱい。しまいの反応も良かった」と笑顔を見せる。デビューから4連勝で2歳王者に君臨したが、今年に入って連敗と関係者をヤキモキさせた。それでもマイラーとしての本能は黙っていなかった。距離を戻した前走のNHKマイルCで、大外一気の末脚を発揮。再び輝きを取り戻したのだ。

 指揮官は「馬体重は10キロ増えているが、全体的にボリュームアップしたようだ」と成長ぶりに目を細める。初の古馬相手でも、5戦5勝のマイル戦なら主役の座は譲れない。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP