WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【菊花賞】ヴァンケドミンゴ 闘魂注入で踏ん張った

 ヴァンケドミンゴ(右)

 「菊花賞・G1」(20日、京都)

 ヴァンケドミンゴは16日、新コンビの藤岡佑を背に栗東CWで単走追い。序盤は前にいた僚馬2頭を目標に後方から運ぶ。直線で脚色が鈍りかけたが、手綱を押され、ステッキで闘魂を注入されると、何とか踏ん張った。6F84秒0−38秒4−12秒5。

 藤岡師は「道中、引っ掛かって、モタれていたからね。最後はその分かな」と分析し「チグハグな内容になったけど、長めから行けたし、体調は何の問題もないから」と気持ちを切り替えていた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP