WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【菊花賞】ニシノデイジー不安なし 新鞍上ルメールと息ぴったり

 ルメールを背に美浦Wで追い切ったニシノデイジー(右)

 「菊花賞・G1」(20日、京都)

 メンバー唯一の重賞2勝馬・ニシノデイジーは、新コンビのルメールを背に美浦Wで併せ馬。軽快な動きで先着し、好調をアピールした。

 人馬の呼吸はぴったりだ。16日、ニシノデイジーは新パートナーのルメールを背に美浦Wで併せ馬を行った。5馬身先行するマイネルクラース(5歳オープン)を目標にしてスタート。スムーズに折り合いながら、徐々に差を詰めると、ラスト1Fであっさりかわして3馬身先着。楽な手応えで5F66秒4−37秒9−12秒8をマークした。

 鞍上は「自分で加速していたし、動きは良かった。少し内にモタれていたけど、問題はなかったよ」と好印象。高木師も「気分良く走っていましたね」とうなずいた。大一番に万全の状態で臨める。

 今回は未知となる3000メートル戦。ルメールは「調教と競馬は違うから」と前置きした上で「ゴールしてからも疲れは見られなかった。それに折り合いも難しくないからね」と距離に不安はない様子だった。週末の京都の天気予報は下り坂。道悪も予想されるが「ハービンジャー産駒なので大丈夫だと思う」と問題視していなかった。

 「今年はダービーホースはいないし、2着馬もいない。みんなにチャンスがある」とルメールは勝機をにらむ。昨年はテン乗りでフィエールマンをVに導いた仕事人が、今年はメンバー唯一の重賞2勝馬を頂点に押し上げる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP