WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【菊花賞】ヒシゲッコウ不安“一杯” 直線脚上がり…動きピリッとせず

 先行馬2頭には追いつけなかったヒシゲッコウ

 「菊花賞・G1」(20日、京都)

 ヒシゲッコウは16日、美浦Wでキャンベルジュニア(7歳オープン)、フィリオアレグロ(2歳新馬)を前に見ながらスタート。徐々にピッチを上げながら直線に入ったが、そこから脚が上がって一杯になり、先行する2頭に追いつくことはできなかった。ただ、5F67秒8−37秒9−12秒9とタイム自体はまずまず。「本来は併せ馬が理想ですがゴール後も追っていますし、負荷は十分にかかっているので許容範囲だと思います」と上原助手も問題なしを強調した。

 ただ、10日の1週前追い切りでも古馬のオープン馬2頭に2〜3馬身遅れており、3カ月ぶりの実戦になるだけに、直前でピリッとしない動きなのは気になるところだ。

 それでも長丁場の舞台には陣営も自信を隠さない。異父兄に昨年のマイルCSを制したステルヴィオがいるが、長距離適性を見込んでデビューから一貫して2000メートル以上のレースを使ってきた。「道中で無駄なことをしないし、最後の末脚を生かせればチャンス」と同助手もクラシック獲りへ意欲をのぞかせた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP