一般ニュース & トピックス

【札幌記念】ワグネリアン進化走 初の札幌も…福永「クリアしてほしい」

 福永を背に過不足なく負荷をかけられたワグネリアン(撮影・三好信也)

 「札幌記念・G2」(18日、札幌)

 昨年のダービー馬が、一層進化したフットワークを見せた。ワグネリアンは14日、福永を背に札幌芝で単走追い。馬なりで5F69秒1−37秒9−11秒7を計時した。鞍上は「気が張っている面がありながらリラックスして走れていた。以前はハミに頼って走るところがあったが、自分でバランスバックして(重心を起こして)走れるようになっている」と心身の成長ぶりを実感する。

 中間は栗東で十分に乗り込み、福島県のノーザンファーム天栄を経由して7日に札幌入り。さすがに移動直後はイライラした面を見せていたが、先週末には普段通りのテンションを取り戻した。友道師は「この1年間、落ち着きが出るように調整してきた効果も出ています」と目を細めた。

 初参戦の札幌攻略が好走の鍵になる。「もともとコーナーでスッと加速する方じゃないから、小回り向きではないとは思う。ただ、今は身のこなしが変わっているし、クリアしてほしい」と主戦。北の大地でダービー馬の貫禄を示し、秋へ弾みをつけたいところだ。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP