一般ニュース & トピックス

【日本ダービー】シュヴァルツリーゼ状態最高 森助手もその仕上がりに笑顔

 石橋脩を背に追い切られたシュヴァルツリーゼ(右)

 「日本ダービー・G1」(26日、東京)

 美浦Wで追い切ったシュヴァルツリーゼは、最高の仕上げが完了。皐月賞12着からの逆襲に燃えている。

 生涯一度しかない大舞台へ、シュヴァルツリーゼが最高の状態をつくり上げた。

 23日の最終リハは美浦Wで単走。終始馬なりだったが、リラックスしたフォームで直線を駆け抜けた。4F55秒5−40秒0−12秒6のタイムに、森助手は「先週(3頭併せ)に続いていい動き。休み明け3戦目でも大きな疲れはなく、ここ3走では一番の状態ですね」と笑顔を見せた。

 昨年11月の東京で新馬勝ち。その後、4カ月の休養を挟んで挑んだ弥生賞で2着と、能力の高さを見せたものの、本番の皐月賞では12着と大敗。同助手は「少し疲れが残ってもいたし、多頭数の競馬で、キャリアの浅さが出てしまった感じ」と敗因を分析した。

 仕切り直しとなる今回、すっかり気持ちは前向きだ。「広いコース、距離延長はプラス材料だし、力を出せる舞台」と手応えは十分。まだここまで3戦。伸びゆく素質馬が大逆転を決める。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP