一般ニュース & トピックス

【日本ダービー】レッドジェニアル快走 19年ぶりの年明けデビュー馬V狙う

 力強く先着を決めたレッドジェニアル

 「日本ダービー・G1」(26日、東京)

 京都新聞杯を制し、東上最終便に乗り込んだレッドジェニアルが23日、栗東坂路で力強い伸び脚を披露し、好調をアピール。19年ぶりの年明けデビュー馬Vを狙う。また、美浦Wで追い切ったシュヴァルツリーゼも、最高の仕上げが完了。皐月賞12着からの逆襲に燃えている。

 きっちりと態勢は整った。京都新聞杯の覇者レッドジェニアルは、栗東坂路でアレグリアシチー(2歳新馬)と併せ馬。序盤は意識的にゆったり入り、ラストはゴーサインに応えて力強く伸びた。4F55秒8−40秒2−12秒4で半馬身先着だ。

 騎乗した中塚助手は「そんなにやる必要はなかったですが、わざとちょっとだけ反応させました。疲れも感じないし、雰囲気はいい。今が一番動ける体だと思います」と満足げ。追い切りから中2日で実戦に臨むのは、前走V時と同じ。「どうしても水曜追いだと強くやってしまう。メンタルと肉体に疲れが残らないように。うちの厩舎に多いパターンなので」と木曜追いの意図を説明した。

 鞍上の酒井が「2走前の4着の競馬が前走に生きた。癖が分かった上でレースに臨めて組み立てやすくなった」と話す通り、一戦ごとに人馬の息も合ってきている。「2400メートルも問題ない。直線が長いのも合う。右回りではコーナーで外に張るので、左回りの方がいいんじゃないかな」。自身3度目の競馬の祭典に意欲を見せる。

 「もう少し成長してからというのはあるけど、今できることはやっている。テンションさえうまくコントロールできれば、力は出せる」と高橋忠師。前走で重賞初制覇を飾った年明けデビューの新星が、00年アグネスフライト以来、19年ぶりとなる快挙を目指す。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP