一般ニュース & トピックス

【日本ダービー】ヴェロックス 反撃のラスト鋭伸11秒5 中内田師「ベスト条件」

 栗東CWでシャープな伸びを披露したヴェロックス(撮影・石湯恒介)

 「日本ダービー・G1」(26日、東京)

 令和最初のダービー馬へ。皐月賞2着のヴェロックスが22日、栗東CWでシャープな伸びを披露。サートゥルナーリア打倒へ、好調をアピールした。

 反撃への態勢は整った。ヴェロックスは栗東CWを単走。首をリズミカルに動かしながら、ゆったりとコーナーを回り、直線に入り、促されると機敏に反応。一糸乱れぬ華麗なフォームから、ラストは鋭く伸びて6F82秒9−38秒5−11秒5をマークした。中内田師は「1週前に速い時計を出して負荷をかけました。輸送があるので、調整程度で。皐月賞で厳しい競馬をして体が膨らんだ感じがしますし、上積みはあると思う」と申し分のない仕上がりに納得していた。

 皐月賞は直線で勝ち馬と接触する不利もあり、2着に惜敗。しかし、陣営に悲観の色はなく、逆転への意気込みを口にする。「馬の成長を促しながら、2カ月間隔で使ってきた。ここを目標にしてきましたし、東京の2400メートルはベストの適性だと思う」と指揮官は条件変わりを歓迎する。川田も「若駒S(1着)で初めて乗った際、ダービーでやれる手応えがあった。その時にこの馬のポテンシャルを感じた」と能力を高く評価する。

 中内田師&川田コンビで挑んだ昨年のダノンプレミアムは、1番人気に支持されるも6着に敗れた。「強い馬がいるし、チャレンジする立場。何とかいい結果を」と鞍上は静かに闘志を燃やす。昨年の悔しさを力に変えて−。持てる力を存分に発揮し、同世代7071頭の頂点を目指す。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP