一般ニュース & トピックス

【北九州記念】アサクサゲンキ、抜き返した 根性で古馬1馬身突き放す

 栗東坂路で先着を決めたアサクサゲンキ(左)=撮影・石湯恒介

 「北九州記念・G3」(19日、小倉)

 再びこの舞台でタイトルをつかむ。昨夏の小倉2歳S覇者アサクサゲンキが15日、栗東坂路の併せ馬で差し返すように先着。近走は出遅れが響き勝利に届いていないが、前走のCBC賞では自慢の末脚を駆使して古馬相手に4着と奮闘した。好スタートを決めて、好位から鮮やかに抜け出した1年前の再現を狙う。CBC賞の覇者アレスバローズは、栗東坂路でしまい重点の内容。陣営は重賞連勝へのポイントに当日の落ち着きを挙げた。

 猛暑に負けず、快活なアクションで元気いっぱいに駆け上がった。CBC賞4着をステップに、小倉2歳S以来の重賞Vを狙うアサクサゲンキは、栗東坂路での併せ馬。アードラー(4歳オープン)と残り200メートルから馬体を並べての、激しい追い比べとなった。いったんは相手に前へと出られたが、そこから歯を食いしばって巻き返しを図ると、最後は形勢逆転。1馬身突き放して、フィニッシュを決めた。

 「最後だけしっかりと伸ばしたけど、いい動きだったね。先週もやっているので、これくらいでいい」と音無師は動きの良さに満足げ。またがった松若も4F52秒7−38秒3−12秒4のタイムを確認して「時計も予定通りでしたし、反応も良かった。久々に乗りましたが、以前よりしっかりしていますね」と納得の笑みを浮かべた。

 今年初戦のファルコンSで2着と好走。その後の2戦は適性を重視して芝1200メートル戦に絞ったが、ゲート難がたたり、葵S5着、CBC賞4着と足踏みが続いている。「前走は(最後入れの)大外枠でいいと思ったんだけど、それでも出遅れた。ゲートだけはやってみないと分からない」と指揮官は表情を曇らせる。

 それでも、2戦連続で最速の上がりをマークしているように、脚質に幅が出ているのも確か。トレーナーは「本来は最低でも中団くらいから運んでほしい。最後は来てくれるからね」と流れに乗っての差し切りを思い描く。燃え盛る小倉の電撃戦で、1年前と同じく、まばゆい輝きを放つ。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP