一般ニュース & トピックス

【エルムS】モルトベーネ復活V見えた!馬なりでも一直線に躍動

 躍動感あふれる走りを見せたモルトベーネ

 「エルムS・G3」(12日、札幌)

 東海S3着以来、6カ月半ぶりの実戦となるモルトベーネが9日、札幌ダートで弾むようなフットワークを披露。時計自体は地味でも好調ぶりが見て取れた。ここに向けて態勢は万全。見事、復活Vを決めるか注目だ。

 主戦の秋山を背に、モルトベーネが札幌ダートで躍動した。終始馬なりで5F71秒7−41秒2−13秒1と時計自体は目立たないが、全身を弾ませて一直線に駆け抜けた。スタンドへ戻ってくるなり、鞍上は笑顔でこう話した。

 「前へ行かせた馬を目標にしたが、最後までとてもいい動きだったね。レース間隔はあいたが、息遣いも問題なかった。仕上がり具合はいいと思う。楽しみになってきたね」

 今回は東海S3着以来6カ月半ぶりの実戦。久々がどうかだが、1日に行われた1週前追い切りでは、栗東坂路で4F51秒8の好時計をマーク。その後、4日に栗東を出発し、札幌競馬場へ入厩。既に臨戦態勢は整っている。「入厩当初は少しイライラしたところもあったが、今はすっかり大丈夫。やはり、いい時に比べるとひと息かもしれないが、このメンバーでも力は通用するからね。札幌は2度経験しているので、全く心配することもない」と秋山の期待は膨らむばかりだ。

 重賞初勝利となった昨年のアンタレスSでは、ロンドンタウンなど強敵を圧倒。中団でもまれずに競馬ができれば、ゴール前までしっかり伸びるタイプだ。はるばるやって来た北の大地で復活の雄たけびを上げる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP