一般ニュース & トピックス

【宝塚記念】キセキ、気性コントロールで復活へ ミルコ“二千ぐらいがベスト”

 M・デムーロとのコンビ復活で頂点を狙うキセキ

 「宝塚記念・G1」(24日、阪神)

 菊花賞馬キセキはここ2戦が連続9着。清山助手は「香港は目に見えない疲れがあったと思うし、前走は生真面目過ぎる面がマイナスに出た。この馬の走りができなかった」と振り返る。

 中間は坂路で乗る数を減らし、コースでは頭数の少ない時間に乗るなどして、気性をコントロールできるように工夫している。「成果は得られている。ミルコもルメールも“二千ぐらいがベスト”と言っていた。三千で勝ったけど、この距離の方が我慢がきく」。G1馬の復活に期待がかかる。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP