一般ニュース & トピックス

【宝塚記念】サトノクラウン 連覇へ“闘魂”注入 陣営控えめ?最終リハに注目

 春のグランプリ連覇を狙うサトノクラウン

 「宝塚記念・G1」(24日、阪神)

 連覇へ向けて、サトノクラウンは“闘魂”を注入された。

 大阪杯をステップに快勝した昨年とは違い、今年はドバイ遠征からの帰国初戦。1週前は初コンビの石橋脩を背に、美浦Wで3頭併せを敢行。直線は両サイドに馬を置いてビッシリと追われた。

 5月27日の初時計から、今回を含む2本の併せ馬を入れて計7本の追い切りを消化。それでも森助手は「まだいい頃に比べて、動きは物足りないですね」と控えめにコメント。海外帰りでの調整の難しさがあるようだが、「しっかりとやったので、これで変わってくれたら」。最終リハの動きに注目だ。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP