一般ニュース & トピックス

【オークス】リリーノーブルが逆襲!2強ムードに待った 折り合い面も着実に改善

 桜花賞3着からの巻き返しを狙うリリーノーブル

 「オークス・G1」(20日、東京)

 例年、桜花賞組が好成績を収める一戦。18年はど派手な末脚で1冠目を手にしたアーモンドアイと、2着に入った最優秀2歳牝馬のラッキーライラックによる2強ムードが漂う。ただ、ほかにも侮れない馬は多い。条件変わりで逆転を狙うのが3着リリーノーブル、4着トーセンブレス、5着マウレアの桜花賞上位組。樫の女王の座へ、着々と逆転のシナリオを描いている。

 桜花賞3着のリリーノーブルが、逆転への準備を着々と整えてきた。前走は着順こそ前哨戦のチューリップ賞と同じだったが、当時2馬身以上つけられていたラッキーライラックとの差は半馬身まで詰まった。決して届かない距離ではない。

 この中間も調整は順調そのもの。15日朝は角馬場から栗東坂路でキャンター。16日の最終リハに備え、しっかりと体をほぐした。騎乗した仲田助手も「いいですね。すごく落ち着いています」と好感触をつかんでいる。

 持っている力を最大限に引き出せるよう、中間は調整にも工夫を施してきた。少し右に張る面を修正すべく、8の字でダクを踏むことによって、左右のバランスを整えてきた。「右手前の方が力みやすかったので、両方が同じようになるように」と同助手は説明。新馬戦V時以来となる久々の左回り。対策に余念はない。

 桜花賞前から改善に取り組んできた折り合い面にも、進境が見られる。馬房では落ち着いているが、走り出すとスイッチが入りやすいリリー。そこを考慮して、テンションを上げ過ぎないように負荷をかける。「少しでも平常心に近い状態で競馬に向かえるように、ですね。桜花賞前も落ち着いてきたと思いましたが、そこからより落ち着きが出てきています」と手応えを感じている。

 「スタミナはあると思います。息の入りもいいし、心肺機能も高いです」と一気の距離延長にも前向きだ。過去5年で2度、樫の女王に輝いた桜花賞3着馬。18年、その歴史の系譜に自らの名を刻み込む。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP