WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【ドバイターフ】
WORLDスタッフによる展望コラム!

ドバイターフ WORLDの展望

STAFF金子が海外競馬発売をジャッジ!


第23回 ドバイターフ(GⅠ) 芝1800m・左回り

3月31日(土) メイダン競馬場(アラブ首長国連邦) 第7レース

日本時間4月1日(日)0時35分(現地時間3月31日(土)19時35分)発走予定


5頭出しの日本勢から、驚きの1頭を中心視!


ドバイワールドカップデー。僭越ながらドバイシーマクラシックとドバイターフの芝のGI2鞍を担当させて頂きます。
昨年は直前に豪雨があり、芝は緩い馬場で行われ時計も掛かっていましたが、今年はパンパンの良馬場濃厚で、時計もかなり速い決着が予想されます。日本馬にとっては恵まれた馬場と言えるのではないでしょうか。
因みに、担当した時には毎回の様にお伝えしていますが、海外の競馬とは言えやはり日本人、日本馬を応援したくなるのは仕方がないところ。日本馬から買って負けても納得はいくものの、外国馬から買って日本馬が勝った時は複雑な心境になりますよね。勝負事では、精神衛生上良くない事項はなるべく排除したいので、両レースとも一応日本馬を中心に考えさせて頂きます。
一応と言うのは、外国馬も強力なため、2鞍とも日本馬と外国馬の2頭軸ピラミッドにするつもりだからです。もちろんその2頭で決まってくれれば万々歳ですね。

昨年はヴィブロスが、一昨年はリアルスティールが勝ち、4年前にもジャスタウェイが勝利を挙げた、ドバイワールドカップデーの中でも日本馬の活躍が目立つ鞍。今年も有力5頭が大挙参戦しチャンスをうかがう。
心情的にはヴィブロスの連覇を期待したいのだが、現実的には、何と言ってもモレイラをネオリアリズムに奪われてしまったのは痛い出来事。昨年はまさにマジック・ジョー、最終コーナーでは最後方、しかしここをインで周り脚を溜め、他馬が膨らむのを見て馬込みの最内を突き、前を捌いて外に出し溜めていた脚を爆発させるという、馬の能力があることも確かだが、忘れられない、本当に魔術師の様なレースだった。
今年の鞍上はクリスチャン・デムーロ。今のクリスチャンは、フランスでは兄以上の評価、その技術と実績は認めている。ただ、やはりモレイラの比べると…
そのネオリアリズムも、香港Cでも想定よりは頑張ってはいたものの、やはりツメのアクシデントの影響が残っていたのだろう。
この中間、NFしがらきから美浦トレセンに帰厩し、そのまま美浦で検疫をして成田経由で3月22日火曜日に出国(この辺りは堀厩舎ならでは…)。輸送時間は19時間ほど掛かったらしいが、その影響かやや落ち着きは無かった様子。もともと初めての場所では落ち着かないところがあり仕方が無いものの多少割引は必要だろう。
2年前の覇者リアルスティールも世間の評価は高いが、脚元の心配は付き纏うタイプ、可能性はあるものの心配も多い。
明け4歳牝馬2頭も「ワンパンチ足りないか…」と言われている。では日本馬ではどの馬が…
明らかに格下なのだが、向こうに移動してからも「デキは凄く良い」というのがクロコスミア。管理するのはホッコータルマエでドバイ経験のある西浦厩舎。どうやら秘策が嵌っているようだ。
恐らくハナはこの馬、実績からノーマークの逃げになる可能性が十分ある。鞍上は武豊とともに遠征している日本人騎手の岩田、このひと鞍のためだけにドバイ入りしている。その渾身騎乗なら一発あってもいいのでは無いかと思っている。

対して(日本から見て)外国馬では、スーパーサタデーのジェベルハッタで2着だった地元UAEのベンバトル。レースを見る限り、如何にも余裕ある馬体で、しかも終始大外を回るロスの多いレース。まあ月並みな話ではあるが、如何にも本番を見据えた走りにうかがえる。S.ビン・スルール厩舎はこの馬を含め3頭出し、エースのこの馬のための競馬に終始するだろう。

個人の馬券としては、3連系のピラミッドフォーメーションで、日本馬から⑪クロコスミア、外国馬から⑤ベンバトルを中心に、2列目候補に日本馬は②ネオリアリズム⑦ヴィブロス、外国馬はムーアの⑫ランカスターボンバー、3列目に⑮ブレアハウスと⑨モナークスグレンを加える予定。
そのまま買うと、3連複は23点、3連単は40点。
前売り1番人気の⑧リアルスティールは、人気的なことを考えて今のところは買わない予定。レース前の雰囲気次第では押さえるかも知れないが、そもそもバルザローナが果たして、契約している国が違うとはいえゴドルフィンの馬を負かすのか…分からないところが多分にあるのに1番人気では買わない方が得策か…。

◎ ⑪クロコスミア
◎ ⑤ベンバトル
△ ②ネオリアリズム
△ ⑦ヴィブロス
△ ⑫ランカスターボンバー
注 ⑮ブレアハウ
注 ⑨モナークスグレン


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP