WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

【ドバイシーマクラシック】
WORLDスタッフによる展望コラム!

ドバイシーマクラシック WORLDの展望

STAFF金子が海外競馬発売をジャッジ!


第21回 ドバイシーマクラシック(GⅠ) 芝2410m・左回り

3月31日(土) メイダン競馬場(アラブ首長国連邦) 第8レース

日本時間4月1日(日)1時10分(現地時間3月31日(土)20時10分)発走予定


秋の大舞台に向けて見逃せないレースになる!


個人的には、GI4鞍の中で最も見応えがあり、最も秋の大舞台に向けて注目のレースだと思っている。
日本馬はもちろんレイデオロ。テンションはやや高めの馬で輸送後の心配はあるものの、レースに行くと意外と落ちつくタイプで、それほど心配はしていない。暑さも、強いタイプでは無いと思うが、昼間以外は涼しいわけだし、日本でも真夏を天栄で過ごしていたのだから問題にはならないだろう。ここで勝てば、前走の汚名返上、そして何より、個人的に思い入れのあるレディブロンドの孫でもあり、それこそ「凱旋門賞挑戦」も現実になってくるようなパフォーマンスを見せて欲しい。いよいよ現役最強馬の頂も近づいてくるだろう。

外国馬では、クロスオブスターズ。何より凱旋門賞でエネイブルに迫った脚は、外国馬が強かった頃のジャパンカップに参戦してくる超一流馬のソレだった。速い決着にも対応できるスピードもあり、デキさえまともなら勝ち負けは必至とみている。
鞍上はフランスのゴドルフィンの主戦バルザローナ。メインのワールドカップとともにお膝元での最大の見せ場。特にコレはチャンスが大きいだけに結果に拘る騎乗が見られるだろう。

ここも個人馬券としては、3連系のピラミッドフォーメーションで、日本馬からは③レイデオロ、外国馬では⑥クロスオブスターズを中心に、2列目候補には決め手ある⑤ポエッツワードと⑦ホークビル、そしてやはり⑧サトノクラウンも上位に取り上げなくてはいけないだろう。但し、里見オーナーは阪神に来場するらしいので、そこまで勝負気配は感じていない。やはり、心配はあれどダイヤモンドに思い入れはあるのだろう。
3列目は人気を考えると増やせないので、直前の気配を見て、ムーアの②アイダホか①モズカッチャンを入れるかどうかと言うところ。この2頭を入れなければ3連複9点・3連単は24点、1頭追加で3連複16点に3連単は32点。

◎ ③レイデオロ
◎ ⑥クロスオブスターズ
▲ ⑤ポエッツワード
△ ⑦ホークビル
△ ⑧サトノクラウン
注 ②アイダホ
注 ①モズカッチャン


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP