WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

《先週の馬場情報・傾向解説》

≪先週の馬場傾向≫

【東京芝】
5回開催3週目。コースはCコースでの1週目。
引き続き全体的に傷みが見られるが、特に傷みが多かった箇所は柵の移動によって概ねカバーされているとのこと。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は若干速目の水準。
外が伸びてくるレースが目立った。
血統ではサンデー系とキングマンボ系が優勢。

【東京ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。
逃げ馬が5連対する一方、差し、追い込みも頻繁に決まっていた。
血統では、ノーザンダンサー系が好調。サンデー系ではゴールドアリュール産駒が2勝した。


【京都芝】
5回開催3週目。コースはCコースでの1週目。
柵の移動により、内側の傷んだ箇所は概ねカバーされたが、正面直線には傷みが残っているとのこと。
馬場状態は土曜日が終日重馬場、日曜日は午後から稍重に回復した。時計は掛かっていた。
レースが進むごとに差し、追い込みが優勢になっていった。直線ではほとんどの馬が内を空けており、馬群が外まで大きく広がる分で進路取りの判断力が問われた。
血統では、ノーザンダンサー系が好調で、特に1着を取り切る馬が多かった。サンデー系ではとにかくディープインパクト産駒。日曜日に3度のワンツーを決めるなど4勝2着4回3着4回と12頭が馬券に絡んだ。

【京都ダート】
馬場状態は土日とも重馬場。
基本的に先行有利。1800m戦では比較的差しも届いていた。
血統では、先週と同じくヴァイスリージェント系を筆頭にノーザンダンサー系の活躍が目立った。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP