WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

《この出会いは奇跡》


史上5頭目となる天皇賞の春秋連覇を達成したキタサンブラック。

スタートで出遅れながらも、徐々にポジションをあげて行き、直線は内から抜け出すというスリリングなレースぶりは、多くの競馬ファンの度肝を抜いたはず。

情報筋によると、同馬を管理する清水久師も、出遅れにはビックリしたそうだが、すぐに気持ちを切り替えて、馬を信じて比較的冷静にレースを観ていたという。

また、キタサンブラックにとっても過去に経験のないような不良馬場だったが、『返し馬からノメるような所もなかったし、あの馬場状態でも心配はしていなかった』と振り返っていたそうだ。


今春の天皇賞はレコードで勝っているように、馬場状態は不問で距離もオールマイティという、まさに天性の才能の持ち主。

それだけでなく、清水久師も『こんなに強い負荷を掛けているのは自分の経験上初めて』というほどのハードトレーニングを課せらながらも、それに耐えうる強靱な心肺機能、さらに故障とは無縁の丈夫な脚元を合わせ持つ。

今回の一戦で清水久師も改めて強さを確信し、『こんな馬に出会えたらのは奇跡みたい。本当に幸せだ』と語っていたとの事。


レース後もダメージはなく、当初の発表通り、ジャパンカップから有馬記念に向かう予定。

JRAでのGⅠ最多勝利タイとなる7勝目、さらに単独トップとなる8勝目まであるのか?

残り2戦も、やはりこの馬が話題の中心にいるのは間違いなさそうだ。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP