WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

《キセキに跨がった騎手が異口同音に語っていた事とは?》


馬はもちろん、人(ジョッキー)も過去にほとんど経験した事のないような馬場状態で行われた先週の菊花賞。

『不良中の不良』とも言うべきコンディションで、実際に当日京都で乗っていたジョッキーは口々に『滅多にこんな馬場はない』と言っていたそうだ。

そんな馬場状態の一戦を制したキセキ。

トレセン関係者の間でも『瞬発力勝負の馬で、軽さも持ち味のタイプだけに、極悪馬場はやってみなければ分からない』という声もあったが、終わってみれば後続に2馬身差をつける完勝。

2歳暮れの新馬戦を3馬身半差で制して、早い段階から厩舎側もクラシックを意識していたという逸材だったが、当時はまだ気性的にも幼く、なかなか力を出し切れなかった。

それでも当初から背中もフットワークも『柔らか過ぎるぐらい柔らかい』と言われており、デビュー戦で跨がったルメールを始めに、蛯名や福永騎手も乗り味の良さを褒めていたという。

ただ、春先までは柔らかすぎる所が『緩い』と言われて逆に弱点になっており、推進力にうまく繋がっていなかった。

しかし、それが毎日杯3着の後に一度しっかり休ませた事で成長し、トモにしっかりと筋肉がついてきた。

その結果、体幹がしっかりして、あんな重い馬場も苦にせず走る事ができ、春の実績馬を降してタイトルを手中に収めた。

ただ、そんな馬場状態の中で3000mを走った事による反動も予想され、また夏場も使ってきている事で、次走でさらなる上積みがあるかは何とも言えないが、この勝利で世代のトップグループに躍り出た事は確か。

次走はまだ未定のようだが、異例の馬場状態の菊花賞を制した新星が、今後どのような成長を遂げていくのか興味は尽きない。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP