WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

《先週の馬場情報・傾向解説》

≪先週の馬場傾向≫

【新潟芝】
2回開催3週目。コースはAコースでの3週目。
コース内柵沿いに若干の傷みが見られるが、全体的に良好な状態。
馬場状態は土曜日は午前中が良馬場で午後から稍重に悪化、日曜日は稍重で始まったが午後から良馬場に回復した。稍重の時間帯も時計は遅くなかった。
差し、追い込みも決まるが、スローになると先行勢が有利。関屋記念のマルターズアポジーなど、土日で逃げ切りが4度あった。
血統では、サンデー系が優勢。2歳の外回り戦ではノヴェリスト産駒が活躍していた。

【新潟ダート】
馬場状態は土日とも稍重。時計は標準並み。
基本的に先行有利。勝ち馬は全て3番人気以内、2着馬も9頭中8頭が5番人気以内だった。
血統では、特に大きな偏りは無かった。


【小倉芝】
2回開催3週目。コースはAコースでの3週目。
3コーナー内側に傷みが出始めたが、全体的には良好な状態。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。
基本的に先行有利だが、1200m戦では差しが決まるレースも。中距離戦ではマクりも決まっていた。
血統では、サンデー系以外の系統が勝利するレースが多かった。

【小倉ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。
基本的に先行有利。差し馬は2~3着までだが、人気薄が差し込んできやすい。
血統では、ミスプロ系が優勢で土日の8レース中7レースで勝利を挙げた。


【札幌芝】
1回開催3週目。コースはAコースでの3週目。来週からはCコースに替わる。
向正面直線及び3~4コーナーの内側に部分的な傷みがあるが、その他の箇所は概ね良好な状態を維持している。
馬場状態は土曜日が稍重~重馬場、日曜日は終日稍重。時計は掛かっていた。
ペースや展開による面もあるが、土曜日はやや差し優勢、日曜日は先行有利だった。
血統では、ハービンジャー産駒が2勝+3着2回、ローエングリン産駒が人気薄で3着2回、さらにKitton's Joy産駒とTeofilo産駒が勝利を挙げるなど、まさに重馬場の洋芝といった感じで重厚なノーザンダンサー系が好調だった。

【札幌ダート】
馬場状態は土曜日が稍重で始まり~不良まで悪化、日曜日は終日重馬場だった。時計は非常に速く、エルムSは1分40秒9のレコード。
とにかく先行有利で逃げ馬が5勝2着1回、4コーナー2番手の馬が4勝2着3回、4コーナー3番手の馬が1勝2着4回。つまり、4コーナー1~3番手の馬で連対圏をほぼ独占だった。
血統ではサンデー系とミスプロ系が好調だったが、人気的にはサンデー系の方が狙い目。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP