WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

《先週の馬場情報・傾向解説》

≪先週の馬場傾向≫

【福島芝】
2回開催2週目。コースはAコースでの2週目。今週からBコースに替わる。
先週の開催による損傷は軽微で、概ね良好な状態を保っているとのこと。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。
基本的に先行有利だが、最初から逃げたり2番手に付けるよりも、道中は好位を追走して3~4コーナーで仕掛けていく形が向いていた。小回りらしく3コーナー過ぎからペースが一気に上がるレースが多く、そこで動けるか、付いて行けなくなるかが結果を左右した。直線だけの追い込みは相当厳しい。馬場状態はほぼフラット。内をロス無く立ち回るに越したことは無いが、外を回しても十分勝負になる。
血統では、サンデー系が優勢でダイワメジャー産駒が1200m戦で2勝、ステイゴールド産駒が1800m戦と2600m戦で計2勝を挙げた。他系統ではノーザンダンサー系が健闘。ベーカバドやタートルボウルなど、中央場所の芝ではスピード負けしそうなタイプが穴を空けていた。

【福島ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。パサパサだが良馬場としては標準的なレースになっていた。
先行有利というより、3~4コーナーでのポジションが重要。向正面からマクり合いになったり、先行していても3~4コーナーでレースが動くと付いて行けなくなる馬も出てくるので、序盤の先行争いを制するスピードよりも、中盤以降に動ける器用さや機動力が重要。直線入り口で1~4番手辺りにいれば、もう簡単には差されない。
血統では、人気のミスプロ系と人気薄のサンデー系が注目。何故かサンデー系の産駒は人気薄の馬が2~3着で穴を空けるレースが目立っていた。サウスヴィグラス産駒は2勝3着1回と堅調。


【中京芝】
3回開催2週目。コースはAコースでの2週目。今週からBコースに替わる。
向正面直線及び3~4コーナー内側に傷みが出始めたが、その他の箇所は概ね良好な状態とのこと。
馬場状態は土日とも良馬場。時計はかなり速く、レコード決着もあった。
見た目には芝が剥げたりしてボコボコしていて良くなさそうで、実際、3~4コーナーから直線は内を避ける馬もいるのだが、実際はかなり速い時計が出る。展開次第だが、逃げ切りから大外一気の追い込みまで幅広く決まる。

【中京ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は若干速目の水準。
先行有利。プロキオンSだけは追い込み決着となったが、このレースは上がりも他のレースの水準より遥かに速く、純粋に上位入線馬の能力が上だったということだろう。


【函館芝】
2回開催1週目。コースはAコースでの4週目。今週からBコースに替わる。
コース全体の内柵沿いに若干の傷みが見られるが、概ね良好な状態とのこと。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は水準よりは速いが落ち着いてきた。
基本的に先行有利。2000m戦のみ差しが届きやすい。

【函館ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は良馬場としては速かった。
土日とも圧倒的に先行有利。単調と言う他ないような先行馬だけの決着が続いていた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP