WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

《先週の馬場情報・傾向解説》

≪先週の馬場傾向≫

【東京芝】
3回開催2週目。コースはCコースでの3週目。
3コーナーの内柵沿いに傷みが見られる。その他の箇所は、内柵沿いに傷みが出始めているものの、大きな傷みは少なく概ね良好な状態とのこと。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。
先行有利だが内は伸びないという難しい馬場。土曜日は普通に直線内を通った先行勢が止まり、外から差した馬が上位に来るレースが見られたが、次第に逃げ、先行馬が直線で馬場の真ん中に進路を取るようになり、後ろに付けた馬ほど行き場が無くなり上位進出が難しくなっていた。
血統では、クロフネ、ワークフォース、ヨハネスブルグ、アイルハヴアナザー、Tapitなど芝ダート兼用、もしくはダート寄りの種牡馬の産駒が活躍していた。一方で、ディープインパクト産駒も3勝を挙げた。

【東京ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。パサパサの状態で時計が掛かり、パワーの要る馬場。
ペースにもよるが、力が要る分先行馬がバテて止まりやすく、差し追い込みがかなり決まっていた。
血統ではサンデー系、キングマンボ系、エーピーインディ系が好調だった。


【阪神芝】
3回開催2週目。コースはAコースでの2週目。
1週使用したが、大きな傷みは出ておらず概ね良好な状態とのこと。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並みから若干速目。
引き続き先行有利。今週からBコースに替わって変化が起きるかに注意。

【阪神ダート】
馬場状態は土曜日が終日稍重、日曜日は良馬場。時計は標準並み。
差し追い込みがかなり決まっていた。逃げ馬は[1-0-0-11]と苦戦。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP