一般ニュース & トピックス

《先週の馬場情報・傾向解説》

≪先週の馬場傾向≫

【東京芝】
3回開催1週目。コースはCコースでの2週目。2回開催からの連続開催で7週目の競馬。
3~4コーナーの内柵沿いに若干の傷みが出始めたが、全体的に大きな傷みが発生している箇所は無く概ね良好な状態とのこと。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は若干速目の水準。
ペース次第で差し、追い込みも決まるが、基本的には先行勢が有利な馬場。直線は外へ持ち出す馬が目立ったが、逆に空いたインを突いた馬が健闘していた。
血統では、ハービンジャー産駒が3勝。ルーラーシップや新種牡馬のロードカナロア、ローズキングダムなどキングマンボ系の好走も目立った。

【東京ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。
基本的に好位から抜け出す形が一番良いが、差し、追い込みも割りと上位争いになっていた。逃げ馬は微妙。
血統では日曜日にノーザンダンサー系、特にクロフネなどヴァイスリージェント系が活躍していた。


【阪神芝】
3回開催1週目。コースはAコースでの1週目。
今開催は洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行する。第2回阪神競馬終了後、野芝の生育を促すために更新作業を実施。また、傷みの大きかったスタート地点を中心に部分的な芝張替を実施した。芝の生育は概ね順調で全体的に良好な状態とのこと。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は速目の水準。
土曜日は逃げ馬が3勝を挙げるなど、開幕週らしく内の先行馬が有利だった。

【阪神ダート】
馬場状態は土曜日が稍重、日曜日は良馬場。時計は標準並み。
圧倒的に先行有利。追い込んで勝ったのはハイペースになった未勝利戦での1番人気馬のみ。土日で逃げ馬が5勝を挙げるなど、とにかく前に行った馬の押し切りが目立った。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP