一般ニュース & トピックス

《先週の馬場情報・傾向解説》

≪先週の馬場傾向≫

【東京芝】
2回開催6週目。コースはCコースでの1週目。
柵の移動によって傷みの出始めた箇所は概ねカバーされており、全体的に良好な状態とのこと。
馬場状態は土曜日の午前のみ稍重で、以降は良馬場に回復した。時計は若干速目の水準。
馬場の真ん中が良く、外差し有利だった。
血統では、サンデー系とキングカメハメハ、ハービンジャー辺りが好調。リーディング上位の種牡馬の産駒が順当に活躍していた。

【東京ダート】
馬場状態は土曜日が終日重馬場、日曜日は稍重。時計が非常に速い馬場となった。
時計は速いが前に行った馬がそのまま押し切れるという感じではなく、直線の決め手が要求されていた。差し、追い込みも十分届く。
血統ではミスプロ系がやや優勢も、色々な系統から満遍なく好走馬が出ていた。


【京都芝】
3回開催6週目。コースはDコースでの3週目。
最終週ということで、コース全体の内柵沿いに傷みが出ていた。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は若干速目の水準。
次回は10月7日からの秋開催。

【京都ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は良馬場としては速い。
クラスが上がるほど差し、追い込みが決まりやすくなっていた。
血統では、土曜日にパイロ産駒が3勝。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP