WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

《先週の馬場情報・傾向解説》

≪先週の馬場傾向≫

【東京芝】
2回開催4週目。コースはBコースに替わっての1週目。
柵の移動により傷んだ箇所がカバーされ、全体的に良好な状態とのこと。
馬場状態は土曜日が稍重で始まり午後から重馬場に。日曜日は重馬場で始まり午後から稍重となった。時計は、土曜日は雨の影響で遅かったが、日曜日は馬場状態の発表ほどは掛かっていなかった。
比較的差し馬が優勢だったが、脚質よりも道悪適性や勝負処~直線のコース取りが勝負に影響した。日曜日はかなり各馬が外を回しており、今週以降も馬場状態には注目。
血統ではノーザンダンサー系、特にサドラーズウェルズ系など道悪が上手くスタミナのある系統の活躍が目立った。ディープインパクト産駒とステイゴールド産駒も2勝ずつを挙げた。

【東京ダート】
馬場状態は土曜日に良馬場から不良馬場まで悪化。日曜日は不良馬場で始まり午後から重馬場に回復した。時計はかなり速かった。
土曜日は差し、追い込みが決まっていたが、日曜日は先行馬優勢に。どちらにしても高速決着に対応出来るタイプでないと厳しい馬場だった。
血統では土曜日にロージズインメイ産駒が活躍。日曜日はロベルト系が穴をあけていた。


【京都芝】
3回開催4週目。コースはDコースに替わっての1週目。
柵の移動により傷んだ箇所がカバーされ、全体的に良好な状態とのこと。
馬場状態は土曜日が終日不良馬場、日曜日は重馬場~稍重。道悪で時計は掛かっていた。
道悪で後ろからはなかなか差してこられないような傾向で、前残りの決着が目立った。逃げ馬は[4-4-1-3]と大半が馬券に絡んでいた。
血統では、サンデー系とキングマンボ系が優勢。

【京都ダート】
馬場状態は土曜日が終日不良馬場、日曜日が終日重馬場。日曜日はかなり時計が速かった。
逃げ切りから追い込みまで幅広く決まるフラットな傾向。日曜日は勝ち馬が全てメンバー中2位以内の上がりを使っており、時計の速い馬場で決め手の有無が重要になっていた。
血統では、2~3着が多かったもののノーザンダンサー系の好走が目立った。あとはミスプロ系が好調。サンデー系はあまり奮わなかった。

【新潟芝】
1回開催3週目。コースはBコースでの3週目。
正面内柵沿いに若干の傷みが見られるが、全体的に概ね良好な状態とのこと。
馬場状態は土曜日が終日稍重、日曜日は稍重から途中で良馬場に回復した。時計は若干掛かっていた。
かなり外差し優勢の傾向が色濃くなってきている。

【新潟ダート】
馬場状態は土日とも稍重。時計は水準並み。
土曜日は圧倒的に先行有利だったが、日曜日は一転して差しが決まるレースが増えた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP