WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

《先週の馬場情報・傾向解説》

≪先週の馬場傾向≫

【東京芝】
2回開催1週目。コースはAコースでの1週目。
第1回東京競馬終了後、野芝の生育を促進させる為の更新作業を行い、開催で傷んだ箇所は蹄跡補修・洋芝追加播種・シート養生を行った。また、芝馬場のクッション性確保のためエアレーション作業を実施し、芝の生育は順調で全体的に良好な状態とのこと。
馬場状態は土曜日が終日良馬場、日曜日は午前中のみ稍重で、午後からは良馬場に回復した。時計は標準並み。
先行馬は2~3着に残すものの、勝ち馬に関しては中団~後方からの差し馬が優勢。さらに、内を突いたり馬群を割ってくる馬の方が有利。ペース、展開にもよるがいかにも開幕週らしい内有利、ロス無く運んだ馬有利の傾向で1枠の馬が11レースで5勝を挙げた。また、単勝10倍以上の馬が5勝を挙げるなど、波乱傾向。開幕週の馬場に泣いた有力馬も少なくなかった。
血統では、土曜日はサンデー系とダート血統の好走が目立ったが、日曜日は雨が残った影響か、傾向が一変。ノーザンダンサー系が活躍を見せ、フローラSはハービンジャー産駒のワンツーとなった。

【東京ダート】
馬場状態は土曜日が終日良馬場、日曜日は重馬場~稍重。日曜日は時計が速かった。
基本的に先行有利だが、1600m戦は比較的差し、追い込みが決まりやすかった。
血統ではサンデー系とフォーティナイナー系が穴をあけていた。


【京都芝】
3回開催1週目。コースはCコースでの1週目。
第2回京都競馬終了後、損傷箇所に洋芝の追い播きを行い、保温効果のあるシートでコース内側の養生を行った。野芝、洋芝ともに順調に生育し、全体的に良好な状態とのこと。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は若干掛かっていた。
好位~中団から直線しっかり脚を使える馬が優勢。
血統では、キングマンボ系の活躍が目立った。

【京都ダート】
馬場状態は土曜日の前半が稍重、以降は良馬場に回復した。時計は若干速目の水準。
逃げ馬は土日で8頭が馬券に絡んだが、その人気は13、2、1、13、5、7、7、6と人気薄多数。警戒したい。
血統では、ヘイロー系とミスプロ系が人気薄で好走していた。


【福島芝】
1回開催最終週。コースはBコースに替わっての1週目。
野芝に洋芝(イタリアンライグラス)をオーバーシードした状態で施行。正面内側に若干の傷みが見られるが、全体的には概ね良好な状態とのこと。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は水準並み。
次回は7月1日からの2回開催。

【福島ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は水準並み。
土曜日は圧倒的に先行有利だったが、日曜日は一転して差しが決まるレースが増えた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP