WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

推進力が全く違う


3月20日に行われたフラワーCでは、断然の1番人気に支持されたファンディーナが、5馬身差の圧勝で重賞初制覇を達成した。

今回はオークスを意識して、関東への長距離輸送、スタンド前の発走、コーナー4つ、最後の急坂を試す目的もあったそうだが、全て克服して「いい形で前進できた」と、高野調教師も胸をなで下ろしていた。

騎乗していた岩田も、直線で抜け出してからターフビジョンを見て後続の動きを確認するほど。

もともと先行できるほどのスピードを持っているが、つばき賞で見せたように圧倒的な上がりも使える馬。フォームもストライドも大きくて、岩田騎手も「推進力が全く違う」とベタ褒めしていたという。

今後のローテーションは不明だが、5大特別競走登録も済ませているため、皐月賞や日本ダービーを使う可能性もある。

どちらにしても、クラシック戦線を賑わせる存在だけに、このままG1制覇まで突き進むことができるか楽しみなところだ。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP