WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

先週の馬場傾向

≪先週の馬場傾向≫

【東京芝】
1回東京開催が終了。次回は4月22日からの2回・3回開催。
コースは4週通じてDコースを使用した。馬場状態は土日とも良馬場。時計は若干速目。
外からの差し、追い込みが有利。33秒台の上がりを使えるタイプに向いていた。
血統では、サンデー系とキングマンボ系が優勢。

【東京ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。
土日とも逃げ切りが一度も無く、好位~中団から脚を伸ばす形が有利だった。
血統では、ゴールドアリュール産駒が3勝、ヴァーミリアン産駒が2勝。


【京都芝】
年始からの1回・2回開催が終了。次回は4月22日からの3回開催。
この開催は雨、雪に見舞われることが多く、馬場状態はかなり悪化が進んだ。最終週は土曜日が稍重、日曜日は良馬場。
内はかなり荒れていて直線は避ける馬も多く、差し、追い込みが優勢。
血統ではディープインパクト産駒が4勝。

【京都ダート】
馬場状態は土曜日が終日稍重、日曜日は午後から良馬場に回復した。
基本的に先行有利だが、土日とも最終レースのみ派手な追い込み決着となった。


【小倉芝】
開催2週目。馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。
脚質の有利不利はほとんど無く、逃げ切りから差し、追い込みまで幅広く決まっていた。
血統では、サンデー系が優勢で、次いでノーザンダンサー系。

【小倉ダート】
馬場状態は土曜日の午前中のみ稍重で、以降は良馬場に回復した。時計は若干速目。
先行有利で、直線だけの追い込みでは3着が精一杯。
血統では、サンデー系が優勢。マンハッタンカフェ産駒が3勝を挙げた。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP