WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

先週の馬場傾向

≪先週の馬場傾向≫

【東京芝】
開催3週目。コースはDコースを使用。
馬場状態は土日とも良馬場。時計は若干速目の水準。
基本的に差し、追い込みが優勢。10レース中6レースで上がり最速馬が勝利しており、決め手のある馬に向く。逃げ馬は芝2400m戦で1番人気のデナリが逃げ切っただけで[1-0-0-9]と苦戦を強いられていた。
血統ではディープインパクト産駒が4勝2着1回3着4回と圧倒。ハーツクライ産駒はクイーンC、共同通信杯の両重賞を制覇、ダイワメジャー産駒は1400m、1600m戦で2勝を挙げ、全体としてサンデー系が優勢だった。母父がノーザンダンサー系という馬の活躍もやや目立っていた。

【東京ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は標準並み。乾いており、前開催までの中山ほどではないが上がりは比較的掛かっていた。
あまり極端な脚質の馬は奮わず、好位~中団から抜け出す形がベターだった。
血統ではヴァイスリージェント系が若干目立った程度で、明らかな偏りは見られなかった。


【京都芝】
開催7週目。降雪の影響が懸念されたが、予定通り土日の2日間で行なわれた。コースはBコースでの3週目。
馬場状態は土曜日が終日重馬場、日曜日は終日稍重。開催が進んで全体的に馬場が荒れてきており、加えて馬場も渋っていたため時計は掛かっていた。見た目にも馬力が要求されそうな状態。
土曜日は全レースで上がり最速馬が勝利するなど差し、追い込みが優勢だったが、日曜日は先行抜け出しの馬も踏ん張っていた。京都記念のサトノクラウンは3番手から直線で大きく外に持ち出していく形で押し切り。
血統ではサンデー系とノーザンダンサー系が優勢。ハーツクライ産駒が2勝を挙げた一方、ディープインパクト産駒は2、3着まで。マカヒキも「馬場が堪えた」との談話で3着に敗れている。

【京都ダート】
馬場状態は土日とも重馬場。時計は速目の水準。
圧倒的に先行有利。4コーナーでは好位に取り付いていないとほぼ勝負にならないくらい。
血統ではミスプロ系とサンデー系が好調。エンパイアメーカー産駒は未勝利ながら2着が5回あった。


【小倉芝】
1回開催の開幕週。4週間の開催で、前半2週はAコース、後半2週はBコースを使用する。
降雪により土曜日の競馬は中止。土曜日分のレースは月曜日に順延となり、日月の2日間開催となった。
馬場状態は土日とも良馬場。雪の影響は感じられなかったが、時計は若干掛かっていた。
日曜日は比較的差し馬も好走していたが、月曜日は明らかに先行有利の傾向となった。中距離戦ではマクりも決まる。
血統ではサンデー系とノーザンダンサー系が優勢。サンデー系の中ではディープインパクト産駒が2番人気以下の馬で4勝、ノーザンダンサー系ではハービンジャー産駒が3勝と、この種牡馬の産駒が特に目立った。

【小倉ダート】
馬場状態は日曜日が終日重馬場、月曜日が終日稍重。
時計は標準並み。1700m戦は先行馬というよりマクれる馬が有利。
全体的に波乱含みで、特に代替開催となった月曜日は2桁人気の馬が延べ5頭馬券になり、5レース中4レースで3連複が万馬券となった。
血統ではキングマンボ系とロベルト系に注意。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP