WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

先週の馬場傾向

≪先週の馬場傾向≫

【東京芝】
開催2週目。コースはDコースを使用。
馬場状態は土日とも良馬場。日曜の午後は少し雨が降ったが、馬場への影響はほぼ無し。時計は標準並み。
開幕週に続いて外からの差し、追い込みが優勢。少頭数でスローになったレースなら先行馬にもチャンスがあった。
血統ではディープインパクト、ステイゴールドを筆頭にサンデー系が優勢。他系統ではキングカメハメハ産駒が2勝した程度。

【東京ダート】
馬場状態は土日とも良馬場。時計は水準並みだが、上がりは出る馬場。
逃げ馬は[0-0-2-10]と不振。好位~中団から抜け出す形がベストだが、流れ次第では追い込みも決まる。特に1400m戦は差し馬の台頭が目立った。
血統ではパイロ産駒が2勝。シンボリクリスエス産駒が1勝2着2回3着2回と5頭が馬券に絡んだ。ミスプロ系は普段より目立たなかった。


【京都芝】
開催6週目。コースはBコースでの2週目。全体的に馬場は荒れてきている。
馬場状態は土曜日が終日良馬場、日曜日は雨の影響を受けて終日重馬場。日曜日は時計が掛かっていた。
土日とも若干先行有利。
血統では、土曜日はサンデー系とノーザンダンサー系で馬券圏内をほぼ独占したが、日曜日は傾向がバラつき、勝ち馬はルーラーシップ、ジャングルポケット、ロージズインメイ、マンハッタンカフェ、サクラバクシンオーと全て異なる系統の種牡馬だった。

【京都ダート】
馬場状態は土曜日が稍重~良馬場、日曜日が終日重馬場。
時計は土曜日が若干速目で、日曜日はかなり速くなった。
圧倒的に先行有利。逃げ馬が[7-1-2-3]と圧倒的な成績で、2日間の勝ち馬は全て4コーナー4番手以内だった。
血統の傾向はバラついていたが、キングカメハメハ、クロフネ、ゴールドアリュール産駒が複数連対した。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP