WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

今週のトピックス・ピックアップ

●ホープフルSがG1に昇格
平成29年度のホープフルSおよびターコイズSの格付けについて、日本グレード格付け管理委員会、またG1昇格申請となるホープフルステークスについてはアジアパターン委員会による昇格および新規格付けの承認があり、ホープフルSは昨年までのG2からG1へ、ターコイズSは格付け無しからG3へそれぞれ昇格が決まった。1月27日、JRAが発表した。


●ミッキーアイルが引退
2016年マイルCSなどG1を2勝したミッキーアイル(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)が1月29日付けで競走馬登録を抹消された。通算成績は20戦8勝(内、海外1戦0勝)。2~3歳時に未勝利戦からの5連勝でNHKマイルCを制覇。古馬になってからは主戦場を短距離寄りに移し、高松宮記念やスプリンターズSなどスプリントG1で善戦を続けていたが、昨秋のマイルCSで優勝。2つ目のG1タイトルもマイル戦で掴み取った。
今後は北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。


●ドバイワールドカップデー諸競走に日本馬が予備登録
3月25日、アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われるドバイワールドカップデー各レースに日本馬が予備登録を行なった。1日、JRAが発表した。

登録対象のレースはドバイワールドカップ、ドバイシーマクラシック、ドバイターフ、ドバイゴールデンシャヒーン、アルクオーツスプリントの各G1と、UAEダービー、ドバイゴールドカップ、ゴドルフィンマイルの各G2の計8競走。

各馬第2希望まで予備登録を行なうことができ、美浦から23頭、栗東から42頭の計65頭、延べ91競走への予備登録が行なわれた。各馬の一覧はJRAの公式サイト等を参照下さい。


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP