WORLD競馬web

一般ニュース & トピックス

今年は武豊騎手と!ダンスディレクター連覇達成!:シルクロードS

1月29日(日)京都競馬11RのシルクロードSは、後方に構えてレースを進めた武豊騎手騎乗の3番人気ダンスディレクターが、直線大外から豪快に伸びて差し切り勝ち。このレースの連覇を達成した。勝ち時計は1分07秒8。

クビ差の2着は好位から直線早めに抜け出して最後まで粘りを見せた4番人気セイウンコウセイ、さらに1馬身半差の3着には直線で内ラチ沿いを突いてしぶとく伸びた7番人気セカンドテーブルが入った。


2番人気ソルヴェイグがハナを切り、1番人気のネロが外の2番手に構える展開。その後ろにセカンドテーブル、セイウンコウセイ、ラインスピリットなど。

ダンスディレクターは後方から3頭目辺り。馬群の中に入れてレースを進める。

前半600mの通過は33秒9。

直線に入って先頭は人気2頭ソルヴェイグとネロの叩き合いになるかと思われたが、両馬とも手応えは一息。この2頭を交わしてセイウンコウセイが先頭に立ち、リードを広げていく。

これを追うのが外に持ち出して末脚を伸ばすダンスディレクター。残り50mで2頭が並び、最後はダンスディレクターが半馬身抜け出して1着。このレース連覇となった。

2着は見せ場十分の競馬を見せたセイウンコウセイ。3着争いは3頭並んだ中で、最内のセカンドテーブルがクビ差で制した。


●ダンスディレクター
牡7歳
父:アルデバラン2
母:マザーリーフ
母父:サンデーサイレンス

武豊 騎手
笹田和秀 厩舎

・主な勝鞍
2017年:シルクロードS(G3)
2016年:シルクロードS(G3)


Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。

前のページへ戻る

一般ニュース & トピックス一覧へ

PAGE TOP